GREEN DOG
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
 
ダックスフンドを飼っています。
大好きな犬のブログです♪
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
久しぶりのワンコ日記
本当に久しぶりのブログ更新です。
時間というものはあっという間に過ぎてしまうものですなぁ・・・。

ダックス2号とともに療養生活?を送っていただくらんけ、やっと日記を書く元気がでてきました。
休んでいる間コメントしてくれたkikiさん、返事がm(__)mゴメン!!
何気なくPCを開いてみたらコメントがあったので、また復活しようという気になりました。
ありがとうございます。

さてさて、だくらんけ宅のダックスは1号2号ともに元気にやっています。
正直だくらんけのほうが病気でした(汗)
ダックス2号の吐き出しが始まると神経質になりすぎてしまって、精神的に参ってしまっていたのかもしれません。

最初はどうしても巨大食道症という病気をなかなか受け入れる事ができなかった・・・できていなかったのかもしれません。
頭では分かっていても、心のどこかで否定していたのかもしれません。
でも今は素直に受け入れる事ができるようになりました。

その切っ掛けは巨大食道症であるダックス2号の存在そのものでした。
吐き出しがひどくて口からは勿論、鼻からも鼻汁のようなものが出てくる事が何度かありましたが、そんなに苦しい時でもダックス2号はだぐらんけに尻尾を振り続けたのです。

そんな姿を見ていたら、「何とかしなければ!」が「こういう病気なのだから、いつ何があっても後悔はしないように」と考えが変わりました。
正直苦しんでいるダックス2号を見ているだぐらんけにはとても辛いものがありましたが、動揺してもできるだけ平然としている振りをする事にしました。
それがなかなか難しかった・・・。

それからしばらくして、ダックス2号の様子が変わり始めました。
犬って本当に飼い主に忠実で利口な動物ですね。
ダックス2号はどんなに苦しくてもそんな素振りはなかなか見せてくれません。

というか、今考えると、だくらんけにそういう余裕がなかったのかもしれません。
よく観察しているつもりが、あまり観察できていなかった。

吠えるとそれが引き金になって吐き出しが始まる。
水を大量に飲むと必ず吐く。
あれをすると、これをすると・・・・・吐く。
これはいけない、あれはいけないと、犬も人も結果的にストレスになるような事ばかりしていた事に気がつきました。

それが「これはできるかな?」「あれはどうだろう?」に考え方が変わってから、ダックス2号もストレスだらけのだぐらんけも少しずつ調子を取り戻していったように思います。

で、今はどうなっているかというとダックス2号、時々吐き出しはありますが、元気です。
太りました! ( ̄(∞) ̄) ブヒィ~

現在与えているフードは、ナチュラルハーベストに熱湯をかけてふやかしたもの。
手作りご飯はリゾット風!
(玉ネギ類は入っていませんぞ)

また少しずつフードの事やら、その後のダックス2号、いつも忘れられているダックス1号の事を書いていこうと思います。
| だぐらんけのひとりごと | 10:53 | comments(11) | trackbacks(1) |
巨大食道症の犬とともに
巨大食道症の犬とともに・・・

生まれつき巨大食道症だった、ダックス2号。ダックス2号は、ちゃんと高いお金を払って買った犬。ペットショップから・・・

勿論はじめから病気だと知って買った訳じゃない。勉強不足だと言われればそれまでだが、誰でも犬を飼う時、楽しい生活を想像しながら飼うんじゃないだろうか?

だぐらんけもそう思って飼った・・・いや、買った。

でもその思いは見事に裏切られた。ペットショップに・・・。当時かかりつけの獣医さんに・・・。いやいや、そういう犬をペットショップに送り出したブリーダーに・・・。

皆が皆、そうとは思わない。だって現にだぐらんけは、現在ダックス2号がお世話になっている獣医さんを尊敬している。

ほんの一握りの人達のそういった行為で、犬も飼い主も大変な思いをする。犬には罪がない・・・。

苦しい時もダックス2号はいつもだぐらんけに愛想を振りまく。元気な時は本当にこれ以上ないというほど、全身で表現する。
体調の悪い時も、尻尾をパタパタ振ってだぐらんけを真っ直ぐに見る。ちょっと悲しい・・・。

本来なら売り物にならない犬(乱暴な言い方ですが)を平気で売るブリーダー、ペットショップ。もう少し考えてほしいと思う。やっぱり健康な犬をおいてほしいし、そうあるべきだと思う。

もし病気や障害のある犬が生まれたのなら、責任持って対処してほしい。病気である事をちゃんと言って、それでもほしいという人にあげるとか、何か方法はないのだろうか?これは犬に限らず、ペット全体に言える事。

交配する時は、ちゃんと健康な犬をつかってほしい。ペットショップには健康な犬をおいてほしい。

獣医さんも日々勉強してほしい。専門分野があるだろうから、同業者同士で連絡を取り合って、少しでも病気の動物達の早期回復に努めてほしいと思う。

犬も人も大切な家族、だぐらんけはそう思うから。


ダックス2号のお気に入りドッグフード

ネイチャーズバラエティ ドライフード ラム 2.25kg
ナチュラルバランス


栄養バランスの秘訣特集

| だぐらんけのひとりごと | 12:30 | comments(8) | trackbacks(1) |
犬を飼う前に…もう一度よく考えて
犬に限らず、全てのペットについて言える事。

ペットと一緒に暮らしたい…そう思ったとき、もう一度冷静になって考えてほしい。
ペットは生き物。自分達と同じく生きている。
一度飼ったら最後までちゃんと面倒をみてほしいと思う。

いう事をきかないなら、病気だから…そんな理由で自分の子供を捨てたりするだろうか?
悲しい事実だけと、そういう理由でペットを途中で捨ててしまう人もいる。

保健所に行った犬や猫の運命を知っていますか?
運良く動物愛護団体などに引き取られる犬や猫もいるけど、そうケースはほんの一握り。

保健所に保護された犬や猫が待つものは、死。
安楽死と思っている人も多いようだが、実際は違う…。

ペットを飼うという事は、そのペットの命を預かること。そのペットが幸せに一生過ごせるかどうか?
それは飼い主のあなたの責任なのです。

もしあなたがペットだったら…。

ちょっと極端かもしれないけど、そういう気持でペットを飼ってほしい。

そして飼う前に、もう一度きちんと勉強してほしい。
だぐらんけのような失敗を繰り返さないように…。

この本はとても参考になます。

ちょっと話は変わりますが、パソコンが苦手のだぐらんけ、近いうちに我が家の巨大食道症のダックスフンド2号の画像をupしますね。

なかなか難しい…パソコン
| だぐらんけのひとりごと | 20:48 | comments(0) | - |
ペットショップ、ブリーダーに思うこと〜勉強不足だっただぐらんけ
前回まで生まれつき巨大食道症という病気をもった我が家の犬ダックス2号の話をしてきた。

でも今になって思うことは、だぐらんけはとっても勉強不足だったという事。だってだぐらんけ、ペットショップで売っている血統書のついた高い犬は全て、健康で当たり前だと思っていた。

でも現実は違っていた。勿論良心的なペットショップもたくさんある。ブリダーについても同じ事が言えると思う。

でもほんの一握りのペットショップ、ブリーダーがはじめから病気と知ってて売る…という行為で、全てのショップがそう思われるのはとても残念な事だと思う。

だからこれから犬を飼おうと思っている人は、冷静になって勉強してほしい。

犬は物じゃない。一度飼えば、これから先付き合いは長い。だからこそ何度も何度もペットショップやブリーダーに足を運んで、よく見極めてほしいと思う。

ちょっとわかりやすく言えば、2.3万安く買って、その後病気で何度も動物病院に通う。そんなふうになれば、犬も人も金銭的にも大変になる。

だから焦らずにちゃんと自分で納得して決めてほしいと思うのだ。

やたらと犬を触らせたがるペットショップは要注意…だぐらんけの経験から。一度抱いてしまえば、多かれ少なかれ情が移る。

それに後から知った事だが、犬にとっても大変なストレスになるらしい。

『仔犬と初めて暮らす方へ、そろえておきたいもの、知っておきたいこと』
| だぐらんけのひとりごと | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座